企業行動基準

◇ 社会から信頼される企業であり続けるために

1-1    私たちは、法令・定款・社内規定等を遵守し、社会的規範を尊重します。

1-2    海外における事業活動にあたっては、国際ルールや各国の法令・ルールを守るたけでなく、その国や地域の文化を尊重し、相互理解と信頼構築に努めます。

 

◇ お客様の満足と信頼を得るために

2-1    美容師、美容室経営者、美容従事者のみなさまのご要望を的確に把握しながら、持続可能な社会の発展に資するように社会的に有用な商品・サービスを開発、提供します。

2-2    常により良いサービスが提供できるように、商品・サービスの品質向上に努めます。

2-3    取引先はもとより社会全体に対し、商品・サービスに関する正しい情報を提供します。また問合せに対しても、誠実に対応します。

◇ 公正で自由なビジネス関係を築くために(公正な取引)

3-1    事業活動を行う各国・地域において適用される独占の禁止、公正な競争、および公正な取引に関する全ての法令および規則を遵守し、誠実な取引を行います。

3-2    知的財産の保護に努めます。また知的財産を不当に侵害することのないよう、社内教育を徹底いたします。

3-3    企業の社会的責任を自覚し、いかなる場合においても、反社会的勢力に対し金品その他の経済的利益を提供しません。

3-4    政治、行政とは健全かつ透明な関係を維持し、癒着を断ち、公正に活動します。

◇ 全てのステークホルダーへの説明責任

4-1    "経営情報について、正確な記録を適時に作成し、管理します。また、適切な開示に努め、透明性の高い経営とともに企業価値の向上に努めます。

また緊急事態が発生した場合は、率先してその問題解決にあたり、原因究明と同時に再発防止などの具体的な説明を迅速に行い、説明責任を遂行します。"

4-2    個人情報及び機密情報については法令、社内規則に従い、適切に保護します。

4-3    インサイダー取引およびその疑いをもたれるような行為を禁止します。

◇ 人権の尊重

5-1    人権に関する国際社会の基本原則を守り、企業活動に係わる全ての人々の人権を尊重し、差別を排除する企業風土を作り上げます。

◇ 社員のために存在する事業体として(労働慣行)

6-1    社員の個性、人格、多様性を尊重し、安全で心身共に健康に働くことが出来る職場環境を整えます。

6-2    人事、処遇制度を充実させ、多様な就労参加を促す職場環境を構築します。

6-3    パワーハラスメント、セクシュアルハラスメント等の、嫌がらせ行為を禁止します。

◇ 良き企業市民の一員として(環境問題への取り組み)

7-1    地球環境の保全が大切であると認識し、地球環境との調和、改善に配慮して行動します。

7-2    国際社会や地域社会と緊密な連携・協調をはかり、責任ある企業市民の一員として、社会に貢献します。

◇ 行動基準を具体化するために(組織統治)

8-1    社内の体制を整備し意思決定の仕組みを明確にします。また社員教育を通じて規律ある社員を育てます。 


以上
 

TOP